ドローンショーは本当に宣伝効果があるの?イベントの種類や過去の事例

  • URLをコピーしました!

テレビでもたびたび取り上げられるドローンショーは、LEDが搭載された無人航空機(ドローン)を使って、空中にアニメキャラクターや企業ロゴ・QRコード等を表示するエンターテインメントショーです。

ドローンによる光と、音楽、アニメーションによる動きを組み合わせて視覚的効果を作り出し、観客に感動と驚きを提供します。

そんなドローンショーは、宣伝効果があるのでしょうか?

本記事では、ドローンによる宣伝効果を解説し、実際にショーを開催する流れや費用、過去に開催されたドローンショーの事例も交えて詳しく紹介します。

この記事を読んでわかること

・ドローンショーの宣伝効果に影響を与える要因
・ドローンショーイベントの種類
・ドローンショーに掛かる費用
・ドローンショーを実施する流れ
・ドローンショーの過去事例
・ドローンショーに関してよくある質問

おすすめのドローンショー運営会社は?

当サイトでおすすめのドローンショー運営会社は「株式会社ドローンショー・ジャパン」です!

株式会社ドローンショー・ジャパン公式サイトの画像

株式会社ドローンショー・ジャパンは、国内ドローンショー実績No.1のドローンショー事業者です。

全国各地で100件以上のショー実績があり、現在最も注目を集めている企業です。

\ ドローンショー実績No.1 /

<PR>

目次

結論:ドローンショーは宣伝効果が高い!

ドローンショーでは、何百~何千機のLED搭載ドローンを使ってQRコードや企業のロゴなどを上空に映し出し、それを観客が読み込むことで自社への流入が可能となります。

また、ドローンショーに参加した観客がX(旧Twitter)やYouTube・Facebookなどで積極的に共有し、口コミが広がることでドローンショーを知らない人にまで認知され、多くの層を取り込めます。

ただし、ドローンショーで成功するためには十分な計画と実行が重要です。

特に安全性・飛行許可申請・法規制などには細心の注意を払う必要があることを覚えておきましょう。

近年で更なる盛り上がりを見せるドローンショーですが、この先競合が増えることも予想されるので、差別化されたプロモーションが求められます。

ここからは、ドローンショーが宣伝効果に強い理由を詳しく解説しています。

ドローンショーの宣伝効果に影響を与える5つの要因

ドローンショーは宣伝効果が高いことを理解していただけたと思いますが、ここからは更にドローンショーがもたらす宣伝効果について細分化して解説します。

ドローンショーの宣伝効果に影響を与える要因
  1. 目新しい体験とインパクト
  2. クリエイティブな演出
  3. ターゲットオーディエンス
  4. メディア露出
  5. 観客の参加体験

それではここから、ドローンショーがもたらす宣伝効果を解説します。

1.目新しい体験とインパクト

一般的にドローンショーは、新しい技術やエンターテインメントの形態として注目を集めています。

ドローンショーは何百~何千機にも及ぶドローンが高い制御技術によって制御され、機体同士が協調して飛行するため、大規模で複雑なパフォーマンスが可能になっています。

また、予めプログラミングされた操作を実行できるなど、ドローンの高い自律性を持つため、より繊細で美しいドローンショーが再現できます。

そのため、一般の方々にとって目新しい体験を提供し、印象的なインパクトを与えることでSNSや口コミなどによる宣伝効果が高まります。

2.クリエイティブな演出

ドローンショーのクリエイティブな演出や芸術的な要素は、観客に感動や興奮を与えやすく、話題になりやすくなります。

特に、「市のPRキャラクターを模写したドローンショー」や「ディズニーキャラクターを映したドローンショー」などのテーマ性やメッセージが込められたショーは高い宣伝効果が期待できます。

クリエイティブな演出は多くの観客を魅了できますが、毎回同じ演出では飽きてしまいます。

そのため、イベントごとに差別化されたエンターテインメントショーを実施する必要があることを覚えておきましょう。

3.ターゲットオーディエンス

ドローンショーの宣伝効果は、ターゲットオーディエンスに依存します。

ターゲットオーディエンスとは?

ターゲットオーディエンスとは、特定の製品、サービス、メッセージ、広告、コンテンツ、イベント、キャンペーンなどを対象として、最も関心を持ち、影響を受けやすいとされる人々やグループのことを指します。

ドローンショーの宣伝効果を最大化するためには、ショーの目的やメッセージに合った正確なターゲットオーディエンスを選定し、それに合った宣伝戦略を展開することが重要です。

4.メディア露出

最近では、ドローンショーがテレビ・Web・ソーシャルメディアなどのメディアで注目を集め取り上げられています。

近年の例では、国内ドローンショー実績No.1でドローンショーの世界を牽引する「株式会社ドローンショー・ジャパン」が担当する『STARDANCE in 横浜・八景島シーパラダイス』というドローンショーが、テレビ朝日ホールディングスが運営するANNnewsCHに取り上げられました。

また、その他にもYahoo!ニュースGAME Watchなどに取り上げられるなど多数のメディア露出に成功しています。

このようにメディアに注目されることで、宣伝効果が増幅されます。

5.観客の参加体験

実際にドローンショーに参加した観客が、その体験をSNS・口コミ・友人伝えに共有することで、多方面に向けた宣伝効果が期待できます。

ドローンショーは、色鮮やかなLED搭載ドローンが夜空で美しく輝き、光の変化を楽しめることから、視覚的に魅力で感動する体験ができます。

また、ドローンと音楽がシンクロしたり、音楽のリズムに合わせて光が踊る様子は観客に感動を与えます。

実際にドローンショーを見て、感動を受けた観客がX(旧Twitter)に動画を投稿する例もあります。

ドローンショーのイベントは4種類

ドローンショーのイベントには様々な種類があり、目的やコンセプトによって様々な形態が存在します。

ドローンショーのイベント種類
  1. 花火大会
  2. 企業のプロモーションイベント
  3. 音楽イベント
  4. スポーツイベント

イベントの種類に応じて、開催時期や企画内容を決め観客の印象に残るようなドローンショーを実施しましょう。

それではここから、ドローンショーの各イベントを詳しく紹介します。

花火大会

ドローンショーのイベントの代表として、イベントロゴやキャラクターなどを夜空に映し出し演出する花火大会があります。

泉州夢花火の画像
出典:PRtimes

国内ドローンショー実績No.1でドローンショーの世界を牽引する「株式会社ドローンショー・ジャパン」は、2023年8月26日(土)にSENNAN LONG PARK(大阪府泉南市)で『泉州夢花火』を開催し、500機のドローンショーと花火のイベントを実施しました。

コロナ禍を経て3年越しの復活開催ということもあり、多くの来場者に感動を与えイベントは大成功で終わりました。

企業のプロモーションイベント

ドローンショーでは、数百から数千機LEDを搭載したドローンを使用し自由自在に演出できるため、夜空に企業のロゴやQRコードを表示可能です。

上空に映し出された情報を観客が自ら調べたり、SNSでロゴやQRコーが拡散されたりと認知度向上に最適なイベントと言えます。

また、ドローンを使った企業のプロモーションイベントでは、企業ロゴ以外にも自社サービスの内容などもアニメーションを使ってアピールできるので、限られた時間の中でユーザー訴求できる魅力があります。

国内ドローンショー実績No.1でドローンショーの世界を牽引する「株式会社ドローンショー・ジャパン」は、2023年10月10日「目の愛護デー」に『ロート製薬・目の愛護ショー』という企業プロモーションイベントを開催しました。

本イベントでは、目薬を製作・販売するロート製薬ならではの「目薬」のアニメーション等を300機のドローンで演出し、企業のイメージを一目でわかるような工夫をしています。

また、上空に巨大な目のアニメーションを出現させ、左右に動くドローンと一緒に観客も目を動かすことで目の運動を可能にしたユニークなショーが実施されました。

音楽イベント

ドローンショーの中には、夜空にアニメーションを描くドローンが流れる音楽に合わせて動く音楽イベントが存在します。

国内ドローンショー実績No.1でドローンショーの世界を牽引する「株式会社ドローンショー・ジャパン」は、2022年7月20日(水)~9月10日(土)の期間中にVISONグランドオープン1周年を記念し「VISON SUMMER NIGHT DRONE SHOW」を開催しました。

本イベントでは、100機のドローンと地元の音楽団体による生演奏によるコラボレーションが実施され、曲に合わせて夜空にアニメーションを演出し、多くの観客を感動させドローンショーは大成功で幕を閉じました。

ドローンショーはコンサートなどの音楽イベントにも最適で、歌手の名前・PRポイント・コンセプトなどをアニメーションとして夜空に表現することで宣伝効果が期待できます。

スポーツイベント

ドローンショーは、オリンピックやサッカーワールドカップの開会式などのスポーツイベント分野でも活躍します。

2020年7月に開催された東京オリンピックの開会式では、Intel社(インテル)が自動プログラムによるドローンショーを実施し、大きな話題になりました。

今回使用されたドローンは、平昌オリンピックやアメリカのスーパーボールなどでも使われたインテル社の「Shooting Star」というドローン技術が用いられていました。

本ドローンショーでは、1824機のドローンを使い地球儀マークや五輪マークなどが夜空に表現されました。

このようにドローンショーは、スポーツ業界を盛り上げる演出としても高い効果が期待できるため、開会式や試合のハーフタイムなどを有効活用してドローンショーを企画することで観客に深い印象を残せます。

ドローンショーはどのくらい費用がかかるの?

ドローンショーを実施するには、ショーの規模・場所・ドローンの数・パフォーマンス時間・ショーの規模など多額の費用が掛かります。

実際にドローンショーで掛かる主な費用は、以下の通りです。

ドローンショーに掛かる費用
  • 進行管理費:プロジェクト全体の進行を管理する費用
  • アニメーション制作費:ドローンを使ったアニメーション制作費
  • リハーサル費:本番を想定したドローンショーを事前に行うための費用
  • 許認可申請費:国土交通省への飛行許可申請などの申請費用
  • 各種保険:機体の落下や人や建物にぶつかった際の保険
  • 現場視察費:事前にショー実施現場を調査する費用
  • 現場運営費:ショーの現場運営にかかる費用
  • イベントプロモーションおよび広告:ドローンショーを宣伝する費用、マーケティングやPR活動など
  • その他:音響機材・ビデオ撮影と編集・食費や宿泊費(スタッフやパフォーマー)など

ドローンショーに掛かる費用は、機体台数や演出方法・場所によって金額が異なりますが、1つの例として東京オリンピック2020の開会式では推定1億2,000万円の費用がかかっていることを覚えておきましょう。

ドローンショーを実施する際は、準備できる費用と入念な計画を立てることが重要です。

まずはドローンショーを運営している数社から、複数の見積もりをもらいイベントを検討しましょう。

ドローンショーを実施する流れ9ステップ

ここまで、ドローンショーは宣伝効果に高い影響を与えることを理解していただけたと思いますが、実際にどのようにしてドローンショーを実施するのでしょうか?

ドローンショーを開催するまでの流れは、以下の通りです。

ドローンショー実施までの流れ
  1. イベント内容と会場を決定する
  2. ドローンショーを行う企業に相談する
  3. 会場の下見を行う
  4. ドローンショー会社と契約を結ぶ
  5. ドローンショー開催に必要な各種申請を行う
  6. ショーの内容を詳しく決定する
  7. 本番前のリハーサルを行う
  8. ドローンショーの開催(本番)
  9. アフターケア

ドローンショーは、企業に相談してからショー本番まで約2~3ヶ月程度かかることを覚えておきましょう。

それではここから、ドローンショーを実施する流れを詳しく解説します。

ステップ1.イベント内容と会場を決定する

まず、ドローンショーの目的と目標を明確に定義し、イベント内容を決定します。

例えばショーがエンターテインメント向けなのか、プロモーションなのか、イベントの一環なのか、芸術的な表現をしたいのかなど、ドローンショーが何を目指すかを決定してください。

次に、ドローンショーを実施する会場を探します。

会場は素人が探すのは難しいと思いますが、基本的にドローンショー会社が後日現場視察し、会場を提案してくれるので双方合意の場所を会場として設定しましょう。

また、もしドローンショーを行う会場が見つからない場合は、過去のドローンショー実績などをサイトやYouTubeなどを通して参考にしましょう。

当サイトでも、過去に開催されたドローンショー事例を詳しく紹介しているので、会場選びの参考として利用してください。

あわせて読みたい
2023年に関東で開催されたドローンショーは? 日本全国・海外でもよく目にするドローンショーは、開催地域に由来するものを夜空に描くことで多くの来場者を獲得し、観客の心を掴んでいます。 2023年には関東で、地域...

ステップ2.ドローンショーを行う企業に相談する

ドローンショーの目的・目標や会場などを決定したら、ドローンショーを実施する会社に相談しましょう。

2023年現時点で、ドローンショーを請け負う会社は以下の通りです。

ドローンショーを請け負う会社へ問い合わせする際は、複数社から見積もりをもらい費用・契約内容・実績・評判などあらゆる面を考慮し、絞り込みましょう。

見積もりや相談は、基本的にサイトの「お問い合わせ」から相談できます。

ステップ3.会場の下見を行う

次に、選んだドローンショー会社の担当者が希望する会場を下見し、実際にドローンショーが開催できる場所であるか、どのような準備が必要かを調査します。

ドローンショー会社の担当者が行う下見では、以下内容をチェックします。

会場下見のチェック項目
  • 会場の建物や周囲の建物、立地条件
  • 会場の大きさ
  • 電波状況
  • 法的な問題点はないか
  • その他

場所によっては航空法などの法規制に触れてしまい、国に飛行許可申請を提出する必要があります。

すべての下見が完了し、開催可能の判断が出たらショーの準備に取り掛かります。

ステップ4.ドローンショー会社と契約を結ぶ

希望する会場の下見が完了し、開催可能の判断がでたらショーを開催するため、ドローンショー会社と正式契約を交わします。

契約を交わす際は、ショー運営の責任・費用・事故があった場合などの補償などを話し合い、お互い合意の上で契約書を交わすようにしましょう。

ステップ5.ドローンショー開催に必要な各種申請を行う

ドローンショー会社と契約を結んだら、次はドローンショー開催に必要な各種申請を行ってください。

ここは、基本的にドローンショー会社が申請を代行してくれるので、依頼者は特にすることはありません。

もし何か書類の提出を求められた際は、対応してください。

ドローンショーに必要な申請
  • 国土交通省への飛行許可申請
  • 小型無人機等飛行禁止法にもとづく警察署などへの通報
  • 自治体への飛行許可申請
  • その他(私有地を利用する際の管理者や持ち主への許可など)

ステップ6.ショーの内容を詳しく決定する

ここでは、各種申請手続きを行うと同時にショーの内容を詳しく決定し、アニメーション作成へと移ります。

ドローンショーにおけるアニメーションとは?

ドローンショーにおけるアニメーションとは、LED搭載のドローンがフォーメーションを組み、1つになって文字や図形を描き出す動きのことです。

ドローンショー会社では、決定したアニメーションをコンピューター上で3Dアニメーション化して制作し、ドローン1つ1つをコンピューター制御してショーで飛ばされます。

ステップ7.本番前のリハーサルを行う

アニメーションやショー全体のプログラムが完成したら、本番目のリハーサルを行います。

実際にアニメーションを上空で映し、正常に動作するかチェックします。

次に、改善点・問題点があれば都度修正して本番で失敗がないように調整します。

改善点・問題点がなくなり、安全に飛行できるようになったらリハーサル終了です。

ステップ8.ドローンショーの開催(本番)

いよいよドローンショーの開催日です。

現場での作業は、基本的にドローンショー会社のスタッフが行うため、ショーが成功するように見守りましょう。

ドローンショーは野外で行われるため、雨や強風などの悪天候時は中止になる可能性が高いため、覚えておきましょう。

悪天候によりドローンショーが中止になった場合でも、ドローンショー会社への費用は払わなくてはいけないことに注意しましょう。

ドローンショーを依頼する方は、悪天候を想定して天気のチェックを欠かさないようにしてください。

また、ドローンショー会社によっては、前もってショー中止を知らせた場合は50%負担、当日中止は70%負担などの費用負担制度もあるので契約前に必ず確認しましょう。

ステップ9.アフターケア

最後に、ドローンショーが終了した後はドローンのメンテナンス・データ収集・観客のフィードバック収集を行い、次回ショー改善のために報告書を作成しましょう。

以上で、ドローンショーを実施する流れの解説は終了です。

ドローンショーの過去事例

ここでは、過去に開催されたドローンショーの事例を紹介します。

過去に開催されたドローンショー事例
  • 『世界陸上』・『アジア大会』ドローンショー
  • 第39回関門海峡花火大会ドローンショー
  • M1グランプリ オープニング演出

ドローンショーの過去事例の内容を確かめることで、ショーを開催する際の参考になるため、是非チェックしてください。

今回で紹介しきれていないドローンショーの過去事例は、本サイト別記事でも記載しているので、合わせてご確認ください。

あわせて読みたい
2023年夏に開催されたドローンショーを厳選して紹介! 何百機から何千機というドローンを飛ばし、上空にキャラクターやQRコードなどのアニメーションを表示するドローンショーは毎月のように開催されています。 2023年夏も10...

『世界陸上』・『アジア大会』ドローンショー

国内ドローンショー実績No.1でドローンショーの世界を牽引する「株式会社ドローンショー・ジャパン」は、神宮外苑で8月5日、6日に都内で開催された『世界陸上 ブタペスト』・『アジア大会 中国・杭州』の両大会を盛り上げるためのドローンショーを開催しました。

本イベントでは、国内最大級900機のドローンが走り幅跳び・やり投げをするアニメーションを夜空に大きく表現されました。

また、「世界陸上ブタペスト8.19スタート」や「アジア大会中国・杭州9.23スタート」などの競技を予告する文字もドローンで表現されています。

『世界陸上』・『アジア大会』ドローンショーに対してX(旧Twitter)では、多くの反応が寄せられていました。

こちらは、世界陸上とアジア大会のPRですごい数のドローンが飛んでいることに驚いているツイートです。

添付している画像や動画を見ても分かる通り、900機のドローンで映し出すアニメーションは迫力があります。

こちらは、900機のドローンを使った『世界陸上』・『アジア大会』ドローンショーに感動した方がツイートした内容です。

このように、『世界陸上』・『アジア大会』ドローンショーは、両大会の盛り上がりに大きく寄与し、ドローンショーは大成功で終わりました。

第39回関門海峡花火大会ドローンショー

第39回関門海峡花火大会ドローンショーの画像
出典:PRtimes

国内最大規模のドローンショーを主催する企業、株式会社レッドクリフは2023年8月13日(日)に山口県下関市で「第39回関門海峡花火大会ドローンショー」を開催しました。

本イベントでは、約500機のドローンが「夜空を駆け巡る2頭のイルカ」や「ゆらゆら泳ぐリアルなクラゲ」などのアニメーションを下関市上空に映し出しました。

第39回関門海峡花火大会ドローンショー「ドローンスクール下関ロゴ」の画像
出典:PRtimes

また、ショーの後半にはスポンサー企業のロゴが夜空に現れ、大きな拍手が起こるなどイベントは大盛況で幕を閉じました。

株式会社レッドクリフが公開した第39回関門海峡花火大会ドローンショーの動画に対してYouTubeでは、「現場で見たかった!」「行けばよかった!」など多くの反応が寄せられていました。

X(旧Twitter)でも、「事前予告なしのサプライズドローンショーは初めて観たけど感動した」というコメントも寄せられていました。

港町にちなんだ海を連想させるアニメーションを表現した「第39回関門海峡花火大会ドローンショー」は、来場者数70万人を超えるなど大勢の観客を魅了し、サプライズドローンショーイベントは大成功で終わりました。

M1グランプリ オープニング演出

国内ドローンショー実績No.1でドローンショーの世界を牽引する「株式会社ドローンショー・ジャパン」は、2022年22日に史上最多の7261組が出場した「M1グランプリ2022」の決勝戦のオープニングを飾るドローン100機によるリアルな演出をM1グランプリ公式YouTubeで公開しました。

SNSやネットでは、明らかなCGではないかと話題になるほど、注目を集めたオープニングとなりました。

本オープニングドローンショーでは、LEDを搭載した100機のドローンが神宮外苑の夜空に集結し、M1グランプリにちなんだ「M」の文字を表現しました。

M1グランプリ オープニングドローンショーYouTubeのコメント欄の画像
出典:M1グランプリ公式YouTube

また、M1グランプリ公式YouTubeで公開された「M-1グランプリ2022 ドローンショー」の動画では、上記画像のように「合成だと思ったらドローンの演出だった!」「CGだと思った!ドローンだと思って見ると圧巻だった」などCGだと思っていた人がいるほど、正確かつ美しい形態でドローンが動いていたことが分かります。

X(旧Twitter)では、M1グランプリ・ドローンでのオープニングがかっこいいという反応も確認できました。

M1グランプリ オープニングドローンショー演出は、多くの観客を魅了し、視聴者からの大絶賛の中イベントは無事に終了しました。

ドローンショーに関してのよくある質問

ここでは、ドローンショーに関してよくある質問を答えていきます。

ドローンは何機必要ですか?

ドローンショーにおいて、必要な機体数は「目標(PRなど)」「費用」「実施場所」「表現したい内容」によって異なります。

機体数が多くなれば費用も比例して上がるので、まずはドローンショー請負会社等から見積もりと必要な機体数を聞いておきましょう。

おおよその費用はいくらくらいですか?

ドローンショーにかかる費用は、機体台数や演出方法・場所によって金額に差が生まれます。

改めてドローンショーに掛かる費用を、以下に記載します。

ドローンショーに掛かる費用
  • 進行管理費:プロジェクト全体の進行を管理する費用
  • アニメーション制作費:ドローンを使ったアニメーション制作費
  • リハーサル費:本番を想定したドローンショーを事前に行うための費用
  • 許認可申請費:国土交通省への飛行許可申請などの申請費用
  • 各種保険:機体の落下や人や建物にぶつかった際の保険
  • 現場視察費:事前にショー実施現場を調査する費用
  • 現場運営費:ショーの現場運営にかかる費用
  • イベントプロモーションおよび広告:ドローンショーを宣伝する費用、マーケティングやPR活動など
  • その他:音響機材・ビデオ撮影と編集・食費や宿泊費(スタッフやパフォーマー)など

おおよそ100台規模のドローンショーを開催する場合は、600万円~が相場ですが、正確な金額に関してはドローンショーを請け負う会社に見積もりを出してもらうことをおすすめします。

ショーの実施時間はどのくらいですか?

ドローンショーは基本機に最大15分程度実施可能です。

ドローンショーを請け負う会社によっては、100機~500機以上の複数機体を飛ばすことで、長時間飛行が可能なところもあるので、まずはお問い合わせしてください。

ショーの開催はおよそどのくらい期間が必要ですか?

ドローンショーの開催までに必要な平均期間は、約2ヶ月です。

改めて、ドローンショーを開催するまでの流れを以下に記載します。

ドローンショー実施までの流れ
  1. イベント内容と会場を決定する
  2. ドローンショーを行う企業に相談する
  3. 会場の下見を行う
  4. ドローンショー会社と契約を結ぶ
  5. ドローンショー開催に必要な各種申請を行う
  6. ショーの内容を詳しく決定する
  7. 本番前のリハーサルを行う
  8. ドローンショーの開催(本番)
  9. アフターケア

ドローンショーを開催する3ヶ月~6か月前に問い合わせすることで、こだわったアニメーション制作やハイクオリティな演出が可能になるため、ドローンショーを請け負う会社に前もって連絡しましょう。

フライトの飛行許可申請はどのように取りますか?

ドローンショーにおけるフライトの飛行許可申請等は、請け負う会社が申請を代行します。

場合によっては何か書類の提出を求められる可能性があるので、その時は対応してください。

花火大会でのドローンショーは実施可能ですか?

花火大会でのドローンショーは実施可能で、実例もあります。

実際に2023年10月14日(土)に埼玉県さいたま市で行われた「さいたま市政令指定都市20周年記念花火大会」では、ドローンショーと花火がシンクロした花火大会が開催されました。

また、本サイトでは花火大会とドローンショーが複合したイベントをまとめた記事を執筆しているので、是非参考にしてください。

あわせて読みたい
花火大会とドローンショーの複合イベントとは?実際の事例を紹介! 今年も夏の風物詩として全国各地で花火大会が盛大に開催されましたが、花火大会の中でドローンショーが実施されるケースが徐々に増えてきました。 LEDを搭載した多数の...

まとめ

本記事では、ドローンショーに宣伝効果はあるのかを様々な視点から解説しました。

結論から申し上げますと、ドローンショーを開催することで高い宣伝効果が見込めます。

ドローンショーでは何百~何千機のLED搭載ドローンが夜空にQRコードや企業のロゴを大きく映し出します。

実際に上空に映し出されたQRコードを読み取ることで、自社への流入が可能で、ショーに参加した観客がX(旧Twitter)やYouTube・Facebook・口コミなどを通して積極的に共有することで広く認知されます。

しかし、ドローンショーで成功するためには入念な計画と実行が大事です。

プロモーションに力を入れることも重要ですが、ショー全体を通しての安全性・法規制などには細心の注意を払うようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次