栃木県内初の花火&300機のドローンショー『真岡の夏まつり大花火大会』を開催!

  • URLをコピーしました!

7月27日に真岡市花火大会実行委員会は、真岡の夏まつり荒神祭に合わせた『第52回真岡市夏祭大花火大会』を開催し、そこでドローンショーも実施予定となっています。

本ドローンショーは、国内で200件を超えるドローンショーを開催してきた『株式会社ドローンショー・ジャパン』が担当し、LEDライト搭載の300機のドローンで「市制70周年の記念ロゴマーク」「もおかぴょん(市のイメージキャラクター)」を演出する予定です。

そこでこの記事では、真岡の夏まつり大花火大会の概要や開催日時・チケット情報、X(旧Twitter)の反応を紹介します。

この記事を読んでわかること

・真岡の夏まつり大花火大会についての詳細
・真岡の夏まつり大花火大会の開催日程とチケット情報
・真岡の夏まつり大花火大会の担当企業
・真岡の夏まつり大花火大会に対するX(旧Twitter)の反応

おすすめのドローンショー運営会社は?

当サイトでおすすめのドローンショー運営会社は「株式会社ドローンショー・ジャパン」です!

株式会社ドローンショー・ジャパン公式サイトの画像

株式会社ドローンショー・ジャパンは、国内屈指のドローンショー実績を持つドローンショー事業者です。

全国各地で200件以上のショー実績があり、現在最も注目を集めている企業です。

\ 国内屈指のドローンショー実績 /

<PR>

目次

真岡の夏まつり大花火大会とは?

栃木県の真岡市花火大会実行委員会は、真岡の夏まつり荒神祭に合わせて、7月27日の夜に市役所東側の五行川沿いで『第52回真岡市夏祭大花火大会』を開催し、ドローンショーを実施予定です。

イベント名真岡の夏まつり大花火大会
会場真岡市役所東側 五行川河畔(〒321-4325 栃木県真岡市田町2668
※真岡鉄道北真岡駅から徒歩15分
※駐車場あり(無料)
開催日程2024年7月27日(土)
※悪天候(雨天や強風)の場合は、ドローンショーの開始時間が変更されたり、中止となる可能性があります。最新情報は、株式会社ドローンショー・ジャパンの公式X(旧Twitter)Instagramでご確認ください。
開催時間19:30~21:00
参加費1坪席(定員4名): 6,000円
2坪席(定員8名): 12,000円
車いす席(車いす含む定員4名): 6,000円
主催真岡市観光協会
技術協力株式会社ドローンショー・ジャパン
使用台数300機
公式HPhttps://www.moka-kankou.org/
SNSYouTube:https://www.youtube.com/channel/UCpNLQLbDRyvucfGWbPoVFTg
Instagram:https://www.instagram.com/droneshowjp/reel/C6sQ2ZYvZOY/
X(旧Twitter):https://x.com/droneshowjp
Facebook:https://www.facebook.com/droneshowjp/?locale=ja_JP

本ドローンショーでは、市制施行70周年を祝う新たな取り組みとして、LEDライトを搭載した300機のドローンを使い、ロゴマークや動画などを夜空に表現し、花火と共に彩ります。

縦30メートル、幅90メートルの空間を活用し、市制70周年の記念ロゴマークや、SL、市のイメージキャラクター「もおかぴょん」、各スポンサー企業のロゴなどを夜空に描き出します。

このような花火とドローンショーの組み合わせは栃木県内で初めての試みとなります。

また、例年の4部制の花火大会を5部制とし、第3部の12分間でドローンショーが展開される予定となっています。

ドローンショーは、全国でドローンショーを手がける『株式会社ドローンショー・ジャパン』と提携し、昨年の4年ぶりの花火大会の成功を受けて、70周年の今年、新たな目玉企画としてドローンショーが模索されました。

ドローン操縦の教習や活用事業を展開する「栃木ドローンステーション」の社長である柳岡久士さん(48)が委員会に加わり、ドローンショー・ジャパンとのつながりから、この企画が実現しました。

実行委員会花火部長の山川久雄さん(58)は「新しいこと、最先端のことに挑戦する企画です。市民の皆さんに楽しんでもらいたい」と述べています。

花火は例年同様に2万発が打ち上げられ、祭りの花形であるみこしの川渡御に合わせてスタートします。

開催日程

ここでは、真岡の夏まつり大花火大会の開催日程を紹介します。

開催日程2024年7月27日(土)※予定
開催時間19:30~21:00※予定

悪天候(雨天や強風)の場合は、ドローンショーの開始時間が変更されたり、中止となる可能性があります。

最新情報を知りたい方は、株式会社ドローンショー・ジャパンの公式X(旧Twitter)やInstagramでご確認ください。

チケット情報

2024年の真岡の夏まつり大花火大会では、ドローンショーを含めた花火大会全体の観覧は無料です。

しかし、より良い場所で観覧したい場合は、有料の協賛観覧席が用意されています。協賛観覧席の料金は以下の通りです。

1坪席(定員4名)6,000円
2坪席(定員8名)12,000円
車いす席(車いす含む定員4名)6,000円

本ドローンショーは、真岡市役所東側 五行川河畔で開催予定となっているため、その近辺は混雑が予想されるため、お早目の来場をおすすめします。

どの企業がドローンショーを担当している?

真岡の夏まつり大花火大会は、自社でドローンショー専用機体「unika(ユニカ)」を開発・製造し、国内で200件を超えるドローンショーを開催してきた『株式会社ドローンショー・ジャパン』が担当します。

過去には、ロート製薬と実施した『目の愛護ショー』や、鬼滅の刃・ウルトラマン・エヴァンゲリオンなどを夜空に映した1,000機のショー『STARDANCE in 横浜・八景島シーパラダイス』などSNSで話題になったイベントを多数開催しています。

株式会社ドローンショー・ジャパンに関する詳しい情報を知りたい方は、以下記事に過去事例も踏まえて紹介しているので参考にしてください。

あわせて読みたい
ドローンショーを多数手がける「ドローンショー・ジャパン」とは? 多くのドローンをプログラミングによる制御で操り、さまざまなモチーフやロゴなどを夜空に浮かび上がらせ多くの人を魅了するドローンショー。 近年、ドローンショーの開...

真岡の夏まつり大花火大会に対するX(旧Twitter)の反応

ここまで、7月27日(土)に真岡市役所東側 五行川河畔で開催予定の『真岡の夏まつり大花火大会』について触れましたが、X(旧Twitter)の反応はどうでしょうか?

ここでは、真岡の夏まつり大花火大会に対するX(旧Twitter)の反応をまとめました。

こちらの投稿では、栃木県のグルメや情報を発信しているYouTuberが「真岡の夏まつり大花火大会ドローンショー」についてツイートしているのが確認できました。

ツイートには、10件以上のリツイートや80件以上のいいねがつくなど、ドローンショーの投稿に対して多くの反応が見られました。

また、新聞会社やYahoo!ニュースなどが既にメディア掲載しているなど、真岡の夏まつり大花火大会は、イベント開催前からSNSやメディア経由で注目を集めていることがわかります。

まとめ

本記事では、2024年7月27日(土)に開催される『真岡の夏まつり大花火大会』の概要や開催日程、ドローンショー担当企業、X(旧Twitter)の反応などをまとめました。

本ドローンショーでは、300機のドローンが市制70周年の記念ロゴマークや、SL、市のイメージキャラクター「もおかぴょん」、各スポンサー企業のロゴなどを栃木上空に演出します。

また、本ドローンショーでは、栃木県内初となる花火とドローンショーの組み合わせが実施されるため、イベント開催前から期待が寄せられています。

真岡の夏まつり大花火大会では、花火と共に約12分間のドローンショーが展開される予定となっているので、最先端の技術と繊細なドローンが描くアニメーションを体験してほしいと思います。

おすすめのドローンショー運営会社は?

当サイトでおすすめのドローンショー運営会社は「株式会社ドローンショー・ジャパン」です!

株式会社ドローンショー・ジャパン公式サイトの画像

株式会社ドローンショー・ジャパンは、国内屈指のドローンショー実績を持つドローンショー事業者です。

全国各地で200件以上のショー実績があり、現在最も注目を集めている企業です。

\ 国内屈指のドローンショー実績 /

<PR>

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次